エキサイト恋愛結婚は安価な有料登録でシガラミが無く利用できます。

僕は40歳になり真剣に婚活をしなくてはという焦りが出てきました。仕事は男性ばかりの職場ですし普段出会いなど全くありませんので少し抵抗がありましたが婚活サイト利用するようになりました。大手会社が運営するコチラのサイトは安心できそうでしたので早速登録してみました。ここを登録する前に実は2つほど婚活サイトで登録したんですが有料登録したにも関わらず相手とのやり取りのメールに制限があったり、とても不便を感じたのもあり制限ある為に連絡が途絶える結果となり結局うまくいきませんでした。その点エキサイト恋愛結婚は有料登録すればメールの制限もなく自分のペースで進めていけるのでとても良いと思いました。安価ですし、同じ有料登録するなら断然エキサイト恋愛結婚はオススメです。ストレスフリーの優良なサイトと言えるでしょう。その他にも会員が、より快適に利用できる工夫がなされており婚活するなら断然有利だと思いました。僕は奥手なので一年ほどかかりましたがやっと運命の女性と出会うことができまして毎日の仕事にも張り合いが出てきています。近々プロポーズしようと考えています。

中国人とハイエナ台俺の空をめぐっての抗争!

4号機時代、稼働していたホールに常駐していたのは、中国人ハイエナグループ。

おそらく、50過ぎのオッサンがリーダーで、指示を出してる模様。

とにかく、ハマり台を見つけたら、真後ろで仁王立ちするから、タチが悪い。

今なら、出禁クラスやね。

常時、3、4人は居たと思うが、ただ黙って取られるがままなのは癪だから、徹底抗戦した。

ただし、同じ台を張ってるのかバレると、警戒心が強くなるので、遠目からこっそりチェック。

しかし、相手は真後ろで張り付いてるモンだから、台取りも容易ではない。

それでもあの手、この手を使って、奪いまくった。

主役は銭形に至っては、隣の空き台に座って、ひたすらケータイでゲームしとったわ。

まぁ、この台は空かなかったけど。

それどころか、リーダー格のオッサンが、店に来るのが5時くらいだったから、その時間に空いてるロッカー、全部確保したりもしてたわ 笑

ある日の事、メンバーの女が「初代鬼武者」を張ってる時に、打ってるオバちゃんがヤメ、女が一瞬目を離したスキに台を強奪!

打ち始めると、液晶越しに女が、鬼の形相で睨んでるのが見える。

好きなだけ睨んで下さい 笑

すると、この鬼武者が速攻ゾーンで刺さる!

投資は1K。

ざまぁ見ろコノヤロー!

鬼武者のビッグは711枚。

コレが天国連するのだから、今考えたら恐ろしい台やね…。

すると、ビッグ消化中、扉に雪姫が!

雪姫出現時は、128G以内のビッグが確定である。

まだ後ろで見ている女に、小さくガッツポーズ!

女は諦めて消えていった。

それから数日後、パワフルだったか(確か夢夢ちゃんの台)のハマり台を拾って、タバコを下皿に置くと、一応店内を徘徊。

戻ると、なんと椅子にカバンが…

誰やねん⁉︎

すると、そこへ中国人グループの若い兄ちゃんが…

タバコを置いてあった事を説明するも「ワタシニホンゴワカリマセーン」的なゼスチャー。

恐らく、日本語は分かるが、都合が悪くなると、喋れないフリをするのだろう。

当然今だったら、店側に目立つようなコトは、余りしないようにするのだが、なんせ若かったから、闘争心剥き出しで突っかかっていった。

「オメー馬鹿か?タバコ見えねーのかよ⁉︎荷物退かせや!」

すると、そのセリフに逆上する兄ちゃん。

お前、逆上するって事は日本語分かるんだよな、なぁ!

兄ちゃん沈黙。

次オレの邪魔したら、お宅らのリーダー潰すんでヨロシク。

翌日、その中国人グループが、メンバーを増員してハイエナ強化!

それでも、一番期待値のある台は、絶対に取らせなかった。

そして何より、その頃の俺には「俺の空」という最強のエナ台があったから、怖いもの無し。

この初代俺の空の天国は、144Gまでなのだが、前兆を経由しなくても、いきなり当たったりする。

まぁ、沖ドキや南国物語の液晶が付いてるバージョンと言えば、想像が付くだろうか…。

前兆演出がまったく来ないのに、143G目にロデオキャラが出てきて、次ゲームでボーナス確定…といった具合である。

コレはたまたま、別の店で天国狙いをしている時に、天国をスカって余りメダルで天国残り10Gの台を打ったら当たって、仕組みが判明。

それ以来、例え天国残り2、3ゲームでも回す作業が続いた。

天国残り13Gの台で、天国刺して3000枚なんてコトもあった。

この台は間違いなく、スロット史上もっとも時給を稼いだ台である。

この台のおかげで、中国人グループが束になって掛かってきても、取るに足らずだった。

しかもそいつらは、その店にしかいないので、他の店でやりたい放題だったわ。

しかし、この店での稼働の終焉は、実に呆気なかった。

銭形の750ハマりに、赤マルが置いてあり、明らかに隣の兄ちゃんのヤツ。

その地域のホールで、タバコ吸ってる奴の銘柄は、ほぼ完璧に暗記していたから、すぐに分かった。

その兄ちゃんは、いつも仕事終わりに、作業服で打ちに来る。

180cmはゆうに越すガタイで、足のサイズは30cmはあったと思うが…そんなの関係ねぇ!

声を掛けるも、その兄ちゃんはムシ。

再び、語気を強めて声を掛けると「うるせぇな!」と言わんばかりに俺の手を払いのける。

その態度に俺の中で、何かがプッツンとキレた。

たちまち髪の毛が金色に染まり…いや、もともと金髪やけど 笑

気づいたら、その兄ちゃんの後頭部を鷲掴みにし、台に顔面を叩きつけた!

怒り狂った兄ちゃんは、立ち上がると俺の髪の毛を掴み(後ろで結んでた)床に叩きつけると、30cmの巨大な足で顔面を蹴られた。

すぐさま店員が、駆けつける。

そして「2人とも明日からこの店には来なくて結構です」

俺は鼻血を出しながらも、従うしかなかった…。

ケータイは、揉み合った際に割れるわ、目の周りは腫れるわ、散々な目に合うたわ。

もっとも目の傷は、もう少しズレてたら、失明の可能性もあったみたいだから、不幸中の幸いやね…。

いや〜あの頃に比べたら、ホールも平和になったけど、皆さんもハイエナをする際には、お気をつけて。