巻き爪の治し方

巻き爪とは一体どんな症状?これって巻き爪なの?

更新日:

巻き爪というのは甘く見てはいけません。足の他の病気から来るものや、歩きすぎ、靴の合わないものなどから巻き爪になったりします。ここでは巻き爪とは一体どんな症状なのか簡単に説明します。

巻き爪というのは足の特に親指などに爪が真っすぐ生えているわけではなく、爪の隅や角が曲がって生えていることを巻き爪と言います。

そうするとどんなふうになるかというと、巻き爪の角が足に食い込んだりします。食い込むとどうなるかというと足の食い込んだところが痛くなり、ときには血が出たりします。血が出てしまうと痛さはさらに強まり、つま先が堅い靴は履けないようになります。

他にも巻き爪というのは足の病気からもなります。水虫、足の垢、陥入爪、タムシから来ることもあります。単純な病気から違う病気が来るというのも大変です。

その加減で巻き爪になっている状況が長引いたり、なかなか治りにくくなることもあります。

簡単な処置方法は足に無理な靴を履かないように少し緩めの靴や柔らかい靴、履きなれた靴を履くのがおすすめです。足に合わない靴だと巻き爪になる危険があります。

もし巻き爪になってしまい足に痛みを感じた場合は靴を変えてみることをお勧めします。理由は巻き爪の方のほとんどが現在履いている靴があっていないこと多いからです。自分の足にぴったりだと思っている方でも実はキツキツだったりします。大きめの靴を選んでみても良いでしょう。また、海外メーカーの靴は外国人の細身の足幅に合わせて作られていますのでキツくなりがちです。日本人の足向けのワイドタイプの靴を選んでみるのも手です。

それから歩きすぎると爪が曲がることもあるため、歩きすぎには要注意することも大切になります。

-巻き爪の治し方

Copyright© 巻き爪くるり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.